FC2ブログ

最上級の褒め言葉


音読音声を用意しました。スマホで音声が出ない場合は、サイレント状態を解除して、ご利用ください。

 
御別れの挨拶のときに
 
「今日はありがとう。来てよかったです!」
 
と伝えることにしています。馴染みさんには毎回言っているかは自信がありませんが、例え地雷サービスだったとしても、初回の方には絶対に「感謝の気持ち」を伝えるようにしています。
 
よくある「また来るね」とは、裏返す気があってもほとんど言いません。それは病気になったり、怪我をしたり、諸事情により来れなくなる可能性はゼロでは無いため、嘘をつきたくないからです。
 
この御別れの挨拶が正解かどうかは分かりません。どのように感謝を伝えれば良いかは、日々考えています。
 
 
 
・「お前と一緒に仕事がしたい」
一旦、私個人の話になりますが、仕事で一番嬉しかった言葉はこれでした。
 
私の前任者は物凄く仕事ができる方で、通常の3倍量の仕事をこなせる人でした。さらに、英語及び中国語、ロシア語がネイティヴレベルのクワドリンガルで、ある分野で日本有数の知見を持ち、特派員として海外から招待を受けるレベルの人です。ちなみに私は母国語の日本語だけで、知見も無いです。認められているのは、多方面のお困り事を解決する能力だけです。
 
正直、新人として入社し、何で私が10年以上先輩の仕事を引き継がなきゃいけないんだという気持ちと、周りの前任者に対する評価はプレッシャーしか感じませんでした。
 
当時は引き継ぎといっても数日間しか、一緒には働いておらず、情けない姿しかお見せすることはできませんでした。勿論、新人に前任者の仕事を全て引き受けることはできないため、再雇用の方と二人で引き継ぎました。
 
現在では、その再雇用の方も辞め、一人で前任者が抱えていた8割程度の仕事をこなせるようになりました。
 
前任者とは現在はかなり離れた部署にいるため、年に数回しか逢えないのですが、去年あたりから「お前と一緒に仕事がしたい」と言われるようになりました。私としてはこれが本当に嬉しかったです。一人前と認めてくれたのだと思いました。
 
今では連休をどっちが長く取れるか勝負をしています。前任者はそれなりのポジションになってしまったため、休みがかなり取りづらくなり、現在は私の25連休で勝利しています。
 
もし、一緒に仕事ができたら、お互いにそれぞれ1ヶ月間以上連休を取ろうという話になっています(笑)
 
 
 
【総括】
私が言われて嬉しかった言葉があるように、コンパニオンそれぞれにも最適な言葉があるはずです。いつ御別れになってしまっても、おかしくない業界だけに感謝の気持ちは常に伝えなければならないと思っております。
 
まあ、コンパニオンとしては感謝の気持ちを表すなら、「また来てください」ってことだと思うけどね(笑)
 
 
【コメントについて】
当ブログのコメントは管理人の確認後に掲載されるため、投稿後すぐには反映されません。基本的に全て承認しますが、個人情報等や掲載すべきではないと判断したものは、削除させていただきます。 また、管理人だけが見ることができる秘密コメントもできます。その際、返信が欲しい場合はメールアドレスを記入してください。
ランキング参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ブログを読んでいると風坊主さんの誠実な人柄をどんどん知れて好きになってしまいますね笑
「今日はありがとう。来てよかったです!」良い言葉ですね。
私はついついまた来ますのような事を言ってしまっていたのですが
社交辞令的で心苦しさを感じていたので今度使ってみます。

このブログに出会い自分の今までの遊び方について至らぬ点に気づかされたり
別の視点で考えるきっかけができています
境界の曖昧な業界なので何が正しい正しくないかはわかりません。
ただ飲食店ではお金を払ったからと言って食べ物を粗末に扱う人はほとんどいないのに
この分野に関してはお金を払ったんだからその分欲望をぶつけて良いように振る舞う人もいる中、風坊主さんのとにかく相手に誠意を持って接する考え方が私は好きです。

最近思うことがあり長々とコメント失礼しました。
いつも良い記事をありがとうございます。とても感謝しています。

Re: 最上級の褒め言葉

jさん

コメントありがとうございます!
お褒めいただき光栄です。昔から女性ではなく、モテ男にモテる傾向はありますね。アッー(笑)

御別れの挨拶に正解はないと思いますが、感謝の気持ちを伝えることに間違いはないはずです。私自身は誠実な人ではないのですが、お時間中は誠意を示すようにしています。

jさんのおっしゃるとおり、この業界の利用者はお金を支払ったことで、大抵のことが許されると思っている節があります。あくまでも、お時間とその時間内のサービスに対して、お金を支払っている訳で、それ以降のコンパニオンのメンタルや体調に影響を与える言動や行為はしてはいけません。それを理解してくださる方が増えることを望みます。

こんなお説法ブログを読んで、このようなコメントをくださるjさんも誠実な人だと思いますよ。
これからも当ブログをよろしくお願いします!
プロフィール

kazebouz

Author:kazebouz
猫好きな只のニートです。ブログでは厳しいことを書いていますが、基本的にコンパニオンには優しいです(笑) 保健衛生、法規制についてはほんの少しかじっているため、それがブログにも反映されればと思っております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ダグ

リンク
ランキング参加しています。

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR