FC2ブログ

3回目で夫婦!?

長文のため音読音声を用意しました。スマホの場合サイレント状態を解除して、ご利用ください。




初めて店にあがり、女性と肌をともにすることを「初見」といい、おなじ女性との二度目を「返し」、三度目で「馴染み」となる。
 
馴染みになると、その店のなかでは、夫婦になったのとおなじで、他の女性に手を出すことが許されなくなる。仮にその女性が田舎に帰っている間だったとしても、その店の女性を代わりにすることは厳禁であった。
 
この習わしは、吉原の江戸時代から明治四十四年まで、その店だけでなく、吉原全店の女性にこのルールが適用され、破った者がいると、馴染みの店の遊女たちが、全員で押し掛けて来て、その客を拉致する。そして、通りに伏せて置かれた大桶に閉じ込め、桶の一部から男の首を出させ、"浮気男"だと懲らしめたそうだ。
 
この習わしは明治の時代には終わっていたそうだが、考え方は昭和三十年頃まで残っていた。
 
馴染みの女性の他に、店の女性を誘い食事に行ったことですら、不倫にあたり、店主から厳しく叱られたというエピソードがあった。
 
以上、この記事で扱った本のp.86一部編集引用


現代は、そのような考え方もなく、店舗としても、来てくれさえすれば良いという考え方に変わりました。
 
・習わしの名残
一部の店が今でも案内時にボーイさんが土下座をします。 客にだけでも良いのに、コンパニオンにもする理由が気になっていました。客とコンパニオンが部屋に向かう際は、夫婦であるためです。
 
・なぜこのルールができたのか?
このルールは一見、遊女のみに得があり、店側には得が無いように見えます。
 
では、同店で同じ遊女に3回以上入り、それで違う女性に3回以上入るということを繰り返すと、何が起こるでしょうか。
 
3回も一生懸命に尽くしてくれた遊女の顔を潰すことになります。それで同店の遊女に入ると、別の遊女の方が良かったということを知り得てしまうため、遊女間で客の取合いの諍いが発生してしまう恐れがあります。
 
当時の遊女は、簡単に店を変えられない理由もあり、店側としては、このような痴情のもつれは最も避けるべきことで、遊女側にもメリットがあるため、このようなルールができたと推測します。
 
 
・現代では
客には良い時代になりました。私自身何度、桶に入れられて説教されるか分かったものじゃないです(笑)
 
しかし、これに似たルールはあります。
(馴染みルールと命名)
 
1. 馴染みがいる店では、基本的には他の女の子では遊ばない。
2. 遊んだとしても、1回まで。
3. 遊んだ場合は正直に言う。
4. 馴染み、新たなコンパニオンにお互いの情報は源氏名ですら、言わない。
 5. 他店で遊んでいることも正直に話す。しかし、源氏名は言わず、店名まで。
 
個人的には現代でもルールは必要だと思っています。なぜなら、馴染みになると相手の個人情報をある程度把握できてしまうため、その漏洩を避けるルールは必要だと感じています。(←ブログやってるお前が言うな(笑))
 
私自身、馴染みの方には信頼し、ある程度の個人情報を話しています。コンパニオンの信頼を裏切らないためにも、「馴染みルール」を守っています。
 
逆に、2人の間で知り得たことを何でもあからさまに話す人は、他の人にも色々と話している可能性は高く、信頼は置けないと考えています。
 
ある意味、昔の習わしが無くなったせいで、色々な情報が飛び交い、コンパニオン個人が特定されることに繋がっていると思いました。
 
 
【コメントについて】
当ブログのコメントは管理人の確認後に掲載されるため、投稿後すぐには反映されません。基本的に全て承認しますが、個人情報等や掲載すべきではないと判断したものは、削除させていただきます。
また、管理人だけが見ることができる秘密コメントもできます。その際、返信が欲しい場合はメールアドレスを記入してください。
ランキング参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazebouz

Author:kazebouz
猫好きな只のニートです。ブログでは厳しいことを書いていますが、基本的にコンパニオンには優しいです(笑) 保健衛生、法規制についてはほんの少しかじっているため、それがブログにも反映されればと思っております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ダグ

リンク
ランキング参加しています。

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR