FC2ブログ

コロナ公表の危険性



風俗街はコロナの影響を受けて、静かになっておりますが、大分キャバレーの件で、より一層客足が減っていくのでは無いかと思われます。
 
大分のキャバレー運営会社は店名の公表をしないよう市に要請していましたが、市の独断で公表されてしまいました。それ以降、この繁華街の客足は激減してしまったそうです。
 
これは全国の風俗街でも起こり得る話です。
 
おそらく、これが一般の飲食店だったら市の対応も変わり、店名は出さなかったと思われます。店名を公表する法的根拠はなく、むしろ業務妨害とみなされてもおかしくありません。
しかし、公表した市は、世論の大半は味方してくれると判断したのでしょう。実際、そうなってしまいました。
 
よって、全国の自治体は同様の行為をすると思われ、風俗街にとっては危機的状況です。
 
自治体によっては、風俗街を潰したいと考えていて、今回のコロナを利用すれば、間接的に風俗街を壊滅させることが可能になってしまいました。
 
【対策】
行政から連絡を受けた際、私が考える対応事例を以下に示します。
 
①おそらく、電話なので録音していることを伝え、もう一度部署名と名前を名乗ってもらいます。そして公表はその後の被害を考え、認められない。今後は弁護士を通してやり取りをするように伝えます。
 
②念のため、全ての顔出しパネルを落とすor顔が分からないようにする。写メ日記は一時的に閉鎖する。
これは非常に重要なことです。TVで報道されてしまうと、野次馬が来てアクセス数が急増しまします。普段、風俗サイトを見ない人が見て、個人が特定される恐れが発生します。実際、大宮の火災事故の際は、新聞の実名報道だけでなく、掲示板でも個人特定が始まった記録が残っています。
 
③弁護士を雇い、役所に至急向かいます。先ほどの部署ではなく、総務課に弁護士から要望書を渡してもらいます。
 
④要望書の中身は
・店名の公表をしない。
・地域の公表もされたくない。
・公表に法根拠の有無
・大分では街そのものが風評被害
・コロナの補償制度に風営法の営業は対象外
でまとめます。
 
⑤区市町村の役所だけでなく、1つ上の都道府県の役所にも同様に行います。
 
 
【総括】
上の対応をしても公表される可能性はありますが、役人は必ず嫌がります。口頭ではなく、文書でやり取りし、資格を持った人がそれをすると行政としても対応せざるを得ないです。また、一つ上の官庁に報告するのも有効な手です。


この公表には法的根拠はなく、社会的な有益性しか行政の拠り所はありません。


ただ、ソープランドは公衆浴場業であり、営業者の義務として、感染症の利用者を拒否する義務があります。そこを突かれると抜き打ち検査をされる可能性もあり、感染拡大を防止するためにも、しばらくは営業停止にした方が良いかと思われます。
 
 
【コメントについて】
当ブログのコメントは管理人の確認後に掲載されるため、投稿後すぐには反映されません。基本的に全て承認しますが、個人情報等や掲載すべきではないと判断したものは、削除させていただきます。 また、管理人だけが見ることができる秘密コメントもできます。その際、返信が欲しい場合はメールアドレスを記入してください。
ランキング参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazebouz

Author:kazebouz
猫好きな只のニートです。ブログでは厳しいことを書いていますが、基本的にコンパニオンには優しいです(笑) 保健衛生、法規制についてはほんの少しかじっているため、それがブログにも反映されればと思っております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ダグ

リンク
ランキング参加しています。

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR