FC2ブログ

大損するパネマジについて


出典:福本伸行『賭博黙示録カイジ


前回記事において、パネルマジックについて記載した店舗レポを投稿しました。


では、なぜ過度なパネマジが駄目なのかを今回は語りたいと思います。
 
 まず私は過度なパネマジ否定派です。というのも、パネルを見て、勝手に頭の中で"理想の女性"を想像してしまうと、それと同等かそれ以上ということは、まずあり得ません。
 
よって、過度な修正はパネルと実物との乖離を明確化してしまい、それがガッカリに直結してしまいます。それが嫌で、コンパニオン選びの際に顔が写っていない方を優先する程です。また、大変失礼な話ですが、はなから全く顔には期待しないで登楼するなど、自分なりの予防線を張っています。
 
個人的なパネマジ度(乖離度)に対する考え方は以下のとおりです。
 
パネマジ度(乖離度)
0~19%→パネルと実物の差があまりない。
20~39%→同じ人だと気付くことができるレベル。
40~69%→パネルの本人かどうか、ほぼ分からない。
70%~→完全に別人の印象。
 
※度数が高いからといって、容姿がわるい訳ではありません。あくまで実物との乖離度です。
しかし、乖離度高いと御対面の際にガッカリしてしまうことは良くあることだと思います。
 
 本来であれば楽しめるはずが、パネマジのせいで、御対面時に気がそがれてしまうのです。
これはコンパニオン及び店舗にも損害です。再来店の芽を自分たちで潰してしまっています。
 
じゃあ、パネルを修正するなという訳ではありません。本来パネルを修正する意味合いは、源氏名と同じで、本人特定を防ぐためです。
 
店舗も過度なパネマジは将来的な客数を減少させるものだと理解し、コンパニオンに指導しなければなりません。コンパニオン自身に任せてしまうと、この問題は解決できません。女性は誰だって、一番綺麗に写っている写真を使おうとすることは当たり前です。
 このパネマジ問題で一番損するのは、間違いなく店舗です。
 
あと、例えパネマジMAXだと思っても、それをコンパニオンに伝えてはいけません。運が悪かったと考え、次回は違う店に行きましょう!
 
【コメントについて】
当ブログのコメントは管理人の確認後に掲載されるため、投稿後すぐには反映されません。基本的に全て承認しますが、個人情報等や掲載すべきではないと判断したものは、削除させていただきます。
また、管理人だけが見ることができる秘密コメントもできます。その際、返信が欲しい場合はメールアドレスを記入してください。
ランキング参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazebouz

Author:kazebouz
猫好きな只のニートです。ブログでは厳しいことを書いていますが、基本的にコンパニオンには優しいです(笑) 保健衛生、法規制についてはほんの少しかじっているため、それがブログにも反映されればと思っております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ダグ

リンク
ランキング参加しています。

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR