FC2ブログ

ソープランドでボーイをしていました。



出典:玉井 次郎『ソープランドでボーイをしていました』




ソープランドでボーイをしていました
ソープランドは何度も利用していますが、ボーイとは仲良くしない主義(自分自身の判断でコンパニオンを選びたいため)でした。しかし、業務内容には非常に興味があり、この本を読みました。
 
私は常日頃からどんな職業でも、自分にはできるか否かということを考えるようにしています。自分がやるとして、どのくらいの給料だったらできるかを考えることにより、自身が利用するサービスと料金の適正について、考えられるからです。
 
サービスとは人を使わせることで、それには対価(お金)が発生します。昨今このことを理解していない人が多いように感じます。
 
タダまたは必要以上のサービスを要求することは強要であり、犯罪であると思っております。よって、そのような利用者は既に客ではなく、犯罪者です。
クレーマーは三波春夫さんの「お客様は神様です」 を取り違えています。
また個人的には神様はそんな文句を言うような器の小さな方ではないと考えています(笑)
客が神を自称するなら、神と思われるような対応を相手にすべきです。
 
また経営者、管理者側も揉め事になるくらいならばと、妥協してしまうことにも問題があります。経営上、その方が得なケースが多いのも分かりますが、理不尽な強要に屈してしまうと従業員たちのモチベーションが下がり、結果的には良くないケースもあると思います。
 
本書には業界用語が多数入っていて、勉強になりました。また、いつも見えない裏側を垣間見ることができ、ボーイには優しくしてあげたいと思うことができました。
能力的にはできますが、体力的には厳しいですね。それに一番はコンパニオンに手を出してしまうので、私には無理です(笑)
利用者だけでなく、オーナーやコンパニオンもビジネスパートナーとして、ボーイの苦労を理解できるため、読むことをオススメします。 
 
【コメントについて】
当ブログのコメントは管理人の確認後に掲載されるため、投稿後すぐには反映されません。基本的に全て承認しますが、個人情報等や掲載すべきではないと判断したものは、削除させていただきます。
また、管理人だけが見ることができる秘密コメントもできます。その際、返信が欲しい場合はメールアドレスを記入してください。
ランキング参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazebouz

Author:kazebouz
猫好きな只のニートです。ブログでは厳しいことを書いていますが、基本的にコンパニオンには優しいです(笑) 保健衛生、法規制についてはほんの少しかじっているため、それがブログにも反映されればと思っております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ダグ

リンク
ランキング参加しています。

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR