FC2ブログ

悪意に応える義務


出典:『バカリズムの新説ハラスメント大事典


近頃は不倫をすると、当事者間では決着がついていることでも、第三者が袋叩きにすることが多いと思います。これはなぜでしょうか?
 
私個人は当事者間で解決ができる事柄に対して、第三者の立場にいるものが、個人攻撃までして責める理由はないと考えております。たとえ社会通念上、悪だとしてもエリア外にいるものが特定個人を攻撃して良い理由にはなり得ません。
それはただの憂さ晴らしや嫉妬と言われても仕方がないのではないでしょうか。
 
公人であれば悪意に応える義務はあるかも知れません。私はただの風俗ブロガーです。何かしらの理由があっても、それを説明する義理も義務もありません。
 
私は厳しく思える発言をしているかも知れません。それは当ブログや自身のツイッター上のタイムラインだからです。他人の家を勝手に覗き込み、礼儀も無く、文句を言うのは完全に輩です。ネットで個人を誹謗中傷している輩と何ら変わりありません。
 
まあ、私も勝手にアドバイスしていることもあるから、そこまで変わらないかも知れませんが、輩と完全に違うのは、そこに悪意があるか否かです。
 
おそらく自分たちが完全なる正義だと考え、行動しているのでしょう。社会に認められ、仕事もプライベートも充実している人が、わざわざ他人の家に入り込み、文句を言っているとは、とても考えられません。
 
ネット上の勝ちは譲りますので、関わらないでください。迷惑です。コンパニオンが客にもならない人とは、リプライしないのと全く同じです。私には価値が無い人間と付き合うつもりはありません。
これ以上、個人攻撃をする場合は誹謗中傷とみなします。今までのものも、特定個人を攻撃するツイート及びリツイートとして記録をしています。
 
一つ今回の騒動で良かったことは、私含めブロガーやソープのライターはみんなクソだと発信できたことですね(笑)
 
女の子に優しくすることが「意識高い系」と嘲笑を受けるくらいですから、いかに風俗利用者がクソな遊び方をしていることに気付かされました。馴染みさんたちが仰っていたことが理解できた良い機会でした。
風俗嬢からすれば、クソ同士潰しあってくれって思ってそうですけどね(笑)
 
 
【考え方の遷移】
ここまでは相手方のしている行為について、書きました。以下は当事者間のことだから、第三者が口を出すなという考えを一旦収めて、"考え方の遷移"について説明します。(返答不要)
 
法律を読んだことはありますか。
 
法律は一般人からすると非常に読み難いと思います。それは独特な言い回しや用語があるからです。条文を読むと何処かに"原則"というワードがあります。どんなことでも例外があり、そのため原則というワードを用いています。
ブログ如きで、何にでも"原則"を付けていたら非常に読み辛くなるため付けていません。
また、大学で理系科目について学んだことはありますか。
理系であれば絶対は無いと考えるのが当たり前だと考えております。
 
さらに、そのとき絶対だと思っていたとしても、人は変ります。人間は体験によって、学習する動物です。考え方が変わるのは当たり前です。ちなみに人体を構成する細胞ですら、特定の細胞を除き、入れ替わっています。
 
分かりやすくまとめます。
①原則と書いていないだけ、例外はどんなことでもある。
②普通の読解力や経験があれば、絶対ではないと認識すると思っていた。
③月日や体験によって、人は変わるもの。身体の中身すら入れ替わっている。
 
私のミスは、今まで普通に生きていれば、そのような経験は誰しもがしていることだと考えていたことです。想定外でした。申し訳ありません。しかし、これからも自分と同じレベルの人が理解できる記載をします。
 
人にはそれぞれ事情があり、それを説明する義理も義務もありません。特に私のブログは利益を全く得ていませんので、読者に間接的にでも賃金をいただいておりません。風俗嬢がお金をもらわなければサービスしないのと同じです。
関わり合いたい人は私が選びます。
 
 
【感想】
現実世界では全く関わり合いが無い人に絡まれたなというのが印象でした。
 
端から無視しているのに、繰り返し嫌がらせを続ける様は2ちゃんネラーを思い出しました。おそらく、その世代の人たちかなと思っております。私も2ちゃんに書き込みをしたことはあるのですが、難関模試の数学の解法です(笑)
 
また、これが同等くらいのブロガー等だったら弱い者イジメに感じないのですが、そこそこ有名なブロガーと相当有名なソープライターが掲示板の輩よりも酷い、数の暴力をやってしまっていることが残念でなりませんでした。DMで注意することも出来たのに、公開でやっているのは自分たちの正義を執行したいからだと受け取っています。やり方が、風俗という自分たちのテリトリーを守るための嫌がらせにしか感じませんでした。
私は趣味ですけど、相手方はブログや記事で利益を得ているでしょうから、クソの投げ合いをして、コンパニオンに嫌われて困るのはどっちなのかは、言うまでもありません。
 
ネット上でいくら批判されても、現実で私の人生には全く影響はありません。好きでもない奴のブログやツイッターを見て、矛盾点や攻めれるポイントを探す人生は虚しいと思います。その情熱を少しでも、仕事に生かせればより良い人生が送れるのではないでしょうか。
今回このような回答をしたのは、記事のネタには良いかなと考えたからで、今後は一切関わり合いたくないので、よろしくお願いいたします!


 私も面倒な目に合ったと思っておりますが、一つブログネタを獲得できたことには喜んでおります。個人名は記載していないし、ネタにするくらいは笑って、許してくれる度量の大きい人であって欲しいな。
ネタにして申し訳ありません!
 
 
【コメントについて】
当ブログのコメントは管理人の確認後に掲載されるため、投稿後すぐには反映されません。基本的に全て承認しますが、個人情報等や掲載すべきではないと判断したものは、削除させていただきます。 また、管理人だけが見ることができる秘密コメントもできます。その際、返信が欲しい場合はメールアドレスを記入してください。
ランキング参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazebouz

Author:kazebouz
猫好きな只のニートです。ブログでは厳しいことを書いていますが、基本的にコンパニオンには優しいです(笑) 保健衛生、法規制についてはほんの少しかじっているため、それがブログにも反映されればと思っております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ダグ

リンク
ランキング参加しています。

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR