FC2ブログ

善し悪しでは語れない


ツイッターでよく、手ブラや露出度が高い画像や動画の写メ日記について物議を醸すことがあります。
 
個人的には関西はその規制が緩く感じます。それには風土や文化が関係していると思われます。
私は法律のプロや風俗関係者ではありませんが、この記事で紹介した本や申請する届出書を資料として、語りたいと思います。
 
 
・法律
先ずは、法律上のことを話します。性風俗を営業するためには、風営法の届出が必要になります。これはデリヘル、ソープの区別は関係ありません。ただし届出の書類が違います。デリヘルは無店舗型、ソープは店舗型です。
 
 写メ日記に関係するのが、「営業の方法」という届出です。記載事項は無店舗・店舗型で、ほとんど変わりません。その中に「役務提供の態様」という事項があります。
 
つまり、客にどのような行為をするかというものです。ここに記載していない行為をしている場合、取締り対象となる訳です。
 
おそらく記載内容はデリヘルではマッサージ、ソープでは入浴の介助作業及びマッサージだと思われます。
 
要するに衣服は脱ぐ必要性は何処にもありません。よって、それを店名入りの媒体で、写真で残してしまうと、いつでも取締りができるということになります。これは関東、関西の場所は関係ありません。
 
 
・土地柄
関東と関西では全く、風俗文化が異なります。よく、ソープは暴力団が経営していると考えている方もいますが、実際は地域によって異なります。
 
関東では暴力団が経営している店舗は5軒程度で、逆に関西の雄琴は8割以上が暴力団経営らしいです。ソープ街には歴史や風土があり、その土地によって取り締まる側も一律には対応していないことが予想されます。
 
吉原は、売春防止法施行後に赤線地域を解除され、トルコ風呂(現ソープランド)として生き残りました。一方、関西では赤線の営業スタイル、つまりは「座布団売○」を続ける地域が多く、ソープランドは登場しなかった。現在でも、大阪に飛田新地があることは有名だと思います。
 
このように、性風俗に関わる文化が関東、関西では異なることは、それを取り締まる方に影響が全くないとは言えないのです。
 
 
・東京オリンピック
東京でオリンピックが行われるため、関東の性風俗関係者は開催に伴い取締りが強化されるのではないかと予想しています。このことが、写メ日記に対する危機感が関東と関西で異なる理由の一つだと思います。
 
 
・届出と許可の違い
よく、取締るなら明確な定義を決めて欲しいという関係者がいらっしゃいます。
 
性風俗営業(デリヘル、ソープ)は届出で、風俗営業(キャバクラ、クラブ、料理店)は許可になっています。
 
では、許可と届出何が違うかというと、役所の対応が異なります。許可は役所が審査し、営業を行なっても問題無いと判断して、許可を出します。一方、届出では必要事項に漏れがなければ、役所は受理して終わりです。
 
よって、届出は役所は「営業しても良いよ」という判断をしていません。性風俗という事柄を役所は判断したくないのです。
 
よって、あらかじめ明確な基準等はもうけず、問題があれば取り締まれば良いというのが役所のスタンスです。
 
 
【総括】
役所は汚いなと思われた方が多いと思います。しかし、こうなった経緯は海外による圧力をかわすためです。
 
元々、日本では売春は違法ではありませんでした。しかし、戦後に売春防止法を迫られました。そこで、考えられたのが今のシステムです。
 
取り締まる役人、取り締まられる風俗関係者、利用する社会の三者が合意できる、「落とし所」が今のシステムです。
 
当時の人間が上手く考えたものなんです。だから、風俗利用者や風俗関係者はコレを批判するべきではありません。また、写メ日記等で揉めるのはナンセンスです。
 
性風俗を規制したい人からすると、この仲違いこそが一番の好機です。お互いに協力し合って発展していきましょう!!
 
 
 
【コメントについて】
当ブログのコメントは管理人の確認後に掲載されるため、投稿後すぐには反映されません。基本的に全て承認しますが、個人情報等や掲載すべきではないと判断したものは、削除させていただきます。 また、管理人だけが見ることができる秘密コメントもできます。その際、返信が欲しい場合はメールアドレスを記入してください。
ランキング参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

単純な質問です。

「関東では暴力団が経営している店舗は5軒程度で、逆に関西の雄琴は8割以上が暴力団経営らしい」

と記載がございますが、その根拠は何からきているのでしょうか?

特に雄琴の8割という数字に驚きましたが、稲川会、住吉会よりも場所柄山口組系の方が多いのでしょうか。

Re: 善し悪しでは語れない

単純な質問です様

初めまして、風坊主と申します。
記事中にも書いていますが、以前紹介した本にその記載がありました。

性風俗業界の記録は正確なものがなく、このような本は貴重な資料となるでしょう。その本に書かれていることが真実であるかどうかは、私には分かりません。

しかし、財を成した80歳(本の発売当初)の老人が今さら嘘をつく必要性を感じられないため、信用に値すると考えております。

組の割合等は分かりません。興味があれば紹介した本を是非読んでみてください。

No title

ご回答ありがとうございました。
警視庁や警察庁発表のデータでは無いという事ですね。暴力団の資金源の種類に関して少し研究しておるので、資金獲得手段としての風俗店経営のデータの正確性がどの程度のものか知りたくご質問致しました。ありがとうございました。

Re: 善し悪しでは語れない

私も少し調べました。私のブログなので私の意見を述べます。戯言と聞き流してください。

暴力団の資金源としては覚醒剤、賭場、詐欺窃盗、みかじめ料、合法的企業経営、企業恐喝で大半を占めています。(警察白書1989年)

ここで関係があるのが9.9%の合法的企業経営と8.7%のみかじめ料ではないでしょうか。企業経営の大半は今も昔も建設業界が一番関連があると推測されます。
よって、当時から全国的には暴力団が経営している風俗店はかなり少ないことが分かると思います。

あと単純に考えても、性風俗はコンパニオンに支払う人件費が高く、利率が非常に悪いため、他に手を出すと考えられます。

また、警察白書もあくまでも推測と記載しており、データというべきものではありません。実際、警察はデータを保持しているでしょうが、公表しているデータは見つかりませんでした。医療のデータはネットで検索すると出るので、単純にネット上にない可能性はあります。しかし、平成30年度の警察白書には同様の暴力団の資金源推測資料はありませんでした。

もし、研究をしたいのであれば情報公開請求をするしかありません。しかし、公文書には保存年数が定められており、5年くらいしか保存していないため、研究に必要なデータ量を確保することは、かなり厳しいと思われます。

よって、このように公的資料が不足しているカテゴリは、当時の記録をしている本や雑誌で、整合性を取って、正確性を判断するしかないと考えております。
プロフィール

kazebouz

Author:kazebouz
猫好きな只のニートです。ブログでは厳しいことを書いていますが、基本的にコンパニオンには優しいです(笑) 保健衛生、法規制についてはほんの少しかじっているため、それがブログにも反映されればと思っております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ダグ

リンク
ランキング参加しています。

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR