FC2ブログ

ゼロカロリーの罠

今回はダイエットにも利用されるゼロカロリーの飲食物について、お話ししたいと思います。


 
音読音声(2:49)を用意しました。スマホで音声が出ない場合は、サイレント状態を解除して、ご利用ください。

 
【栄養成分表示】
食品表示法の施行とともに、原則として全ての予め包装された一般消費者向け加工食品及び添加物において表示が義務付けられました。
↑難しく書きましたが、つまりは上の画像にある表示は義務化されたということです。みなさんも、食べ物を買う際は参考にしているのではないでしょうか。
 
 
 
【1gあたりのkcal】
炭水化物 4kcal
たんぱく質4kcal
脂質9kcal
三大栄養素それぞれの1gあたりのカロリーが決まっています。基本的には、その合計がエネルギー(kcal)の総量になりますが、上の画像のように特殊な計算で微妙に数値が合わないこともあります。
 
 
 
【カロリーが売上にも影響】
食品メーカーとしては、カロリーによって売上が影響されるため、できる限りカロリーを低く表示させたいと考えています。しかし、商品の味を変えずに、三大栄養素を低下させることは非常に難しいことです。
 
 
 
【人工甘味料】
日本で現在、使用されている合成甘味料は数種類あります。ネット上で腎臓疾患や糖尿病のリスクをあげると注意喚起している方もいらっしゃいますが、正しく利用すれば薬よりも安全性は高いものです。このように危険視しているのは砂糖の利権が絡んでいるのでしょう。
 
・アスパルテーム
砂糖の約200倍の甘味があります。この物質も1gあたり4kcalですが、同等の甘味にするために砂糖を200分の1にできるため、カロリーを低減させることができます。
 
 
 
【本当にゼロカロリー?】


画像のように、100gあたりの含有量が基準を満たしていると左の表示を商品に付けることができます。つまりゼロカロリーの500mlのペットボトルは25kcal未満です。
 
 
 
【総括】
ダイエットのためにゼロカロリーの食品を選ぶことは珍しくないことだと思います。
今まで習慣的に口にしてきた物の代わりに、ゼロカロリー商品を摂取するならばダイエット効果はあります。しかし、新たに摂取してしまうと、痩せるどころか太ることがありますので、ご注意ください。
残念ながらサンドウィッチマンのカロリーゼロ理論は成り立ちません(笑)
 


 
 
【コメントについて】
当ブログのコメントは管理人の確認後に掲載されるため、投稿後すぐには反映されません。基本的に全て承認しますが、個人情報等や掲載すべきではないと判断したものは、削除させていただきます。 また、管理人だけが見ることができる秘密コメントもできます。その際、返信が欲しい場合はメールアドレスを記入してください。
ランキング参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazebouz

Author:kazebouz
猫好きな只のニートです。ブログでは厳しいことを書いていますが、基本的にコンパニオンには優しいです(笑) 保健衛生、法規制についてはほんの少しかじっているため、それがブログにも反映されればと思っております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ダグ

リンク
ランキング参加しています。

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR