fc2ブログ

新型コロナウイルスワクチン情報まとめ

今回はワクチンについて、以下の6点を説明したいと思います。(記事作成に際して、ワクチン分科会などの資料を参考にしました。)


① どんなワクチン?
② 接種した方が良いのか?悪いのか?
③ いつから、どんな感じで接種が始まる?
④ 副反応の種類や発生時間の目安
⑤ 補償制度について
⑥ いつ元の生活に戻る?

① どんなワクチン?
販売名:コミナティ筋注
有効成分:トジナメラン
性状:白濁した液体
用法・用量:1回0.3mLを合計2回、3週間の間隔で筋中に接種する。
 
メッセンジャーRNA(ウイルスの遺伝子)を細胞内に取り込まさせ、体内の細胞にウイルス抗原タンパク質を生成させます。この抗原タンパク質に対する中和抗体の産生及び細胞免疫を誘導させ、それが感染予防になると考えられています。
 
簡単に説明すると、まだ一度も逢ったことのないコロナ君(遺伝子)を自分の家(身体)に招待(注入)して、コロナ君のことを理解します。偶然、次に街でコロナ君に出逢ったとき、1回目より素早く対応ができます。
 





そのため感染しても発症しなかったり、発症しても重症化しない可能性が高くなります。
→医療機関への負荷が軽減されます。
 
接種したからといって、すぐに抗体は産生されません。効果が出てくる目安は約1ヶ月前後だと思われます。変異株にも一定の効果を示す可能性が高いデータがあります。効果の持続時間は約半年とされています。
 
一番重要なことはワクチンを接種したかといって、感染予防対策をしなくて良いとはならないことです。今までどおり、三密の回避、手指の消毒、マスクの着用は必須です。
 




② 接種した方が良いか?悪いのか?
→人それぞれです!
ワクチンの”接種リスク”とコロナの”感染リスク”を比べて個々が判断してください。判断材料を記載します。
 
・重大な症状が出る確率は交通事故以下
・60歳以上の重症化率は30代を1倍とすると30倍以上
・20~30代でも後遺症の発生は約2、3割で高い。
・後遺症は若年ほど嗅覚障害や味覚障害が多い。
・障害が残っても補償制度がある。
→給付されない人もいる(詳細は④)
・今までのワクチンとは異なり、新しい技術が用いられているため長期間のデータがない。
 
私個人は味覚・嗅覚障害になって、ご飯を美味しく食べれなくなるのは嫌ですので、接種する予定です。
 
接種の効果は以下の画像のとおりです。


ワクチンの治験で効果があると認められているのは2点だけです。
・接種者の発症予防
・接種者の重症化予防

それ以外の
・感染予防
・集団免疫効果

はまだ実証されていません。ですが、コロナの症状が出ない人が増えれば、医療機関への負担軽減になります。すなわち緊急事態宣言までの耐久力が増強されるイメージです。


③ いつから、どんな感じでワクチン接種が始まるのか?
1 いつから?
医療従事者、高齢者、基礎疾患持ち、老人ホームなどのスタッフ、60~64歳
の後に一般接種が始まります。
 
よって、一般人は夏以降と予想されていますが、私は10月以降になってしまい、接種完了(2回接種)までには1年以上掛かると思っています。
 
2 どんな感じ?
住民票がある区市町村から郵便でクーポンが届き、接種予約をします。このときV-SYSというシステムを用いるそうです。ネットで近くの接種会場を調べられ、現在の予約受付状況も確認でき、ワクチンの種類まで分かるそうです。


このワクチンは2回接種する必要があり、初回から3週間以降にもう一度接種します。


 
④ 副反応の種類や発生時間の目安
以下の画像のとおりです。


副反応の種類・頻度はインフルエンザワクチンとほとんど変わりません。
副反応が発生する時間は接種してから30分以内で90%を占めています。実際の会場では15分の待機です。
 
インフルエンザの接種と異なり、筋肉注射のため痛みが強い可能性があります。
PEG(ポリエチレングリコール)などにアレルギー反応を示す方は注意です。
 
⑤ 補償制度について
副反応の由来の治療や障害には補償制度があります。以下の画像のとおりです。


 
おそらくですが、年金未納の方は障害年金を受給できません。心配がある方は特例措置制度の1年間分を支払いましょう。後からの場合は受給できません。


 
⑥ いつ元の生活に戻る?
残念ながらワクチンの接種が進んだからといって、すぐに元の生活には戻りません。変異株も次々と発生し、新しいワクチンを作る流れになります。それと同時に治療薬を開発・新適応して、一般化された後に元の生活に戻れると思います。
 
今回のワクチンは武器ではありますが、問題を解決する決定打にはなり得ません。治療薬の開発もとても重要です。昨年と同様に既存薬の中から効果を示すものを探し、コロナに新適応されると予想しています。通常、特効薬的なものを開発するのは年単位が必要になります。
 
よって、まだ今年も1年間ずっと感染予防対策は必要だと思います。令和4年くらいまでは、感染予防対策をした生活が続くと予想します。
 
 
(所感)
初期のコロナ対応と同じく、否定的なマスメディアやSNSなどの影響で、ワクチン接種がスムーズに進まない可能性が大いにあります。
 
情報を手に入れる際は、それぞれが気を付けましょう。テレビが言ってるから、医者が言ってるから、SNSで話題だからと情報に飛びつくと、誤りだったときに損するのは自分自身です。
 
他人のストーリーをなぞるのではなく、自分の頭で考えて行動しないと踊らされてしまいます。
私の情報も誤りはあります。ただ、現時点で複数人の日本を代表とする専門家が確認した資料です。正解の確率が高い方を私は信じます。
 
今や世界はワクチン接種という戦争状態です。コロナにいち早く打ち勝った国が新たな覇権を握れるという状況で、副反応や過度な自粛を強める風潮は何か見えざる手が働いているのではと考えたくなります。
 
感染者数、死亡者数の少ない日本では接種を希望する割合が低くいことは仕方ありません。ただ、感染したときに発生する不利益を考えて判断していただきたいと思います。
 
個人的な予想は、様子見が多いので接種は進まない。毎年の様にコロナの新型ワクチンが作成され、接種されて世界で一般的になったら、日本でも接種希望が殺到すると思います。
 
日本人の性質がワクチン接種にまで影響しているのではないでしょうか。科学、数学よりも感覚、流行が重要視され過ぎたことの弊害です。
 
 
【コメントについて】 
当ブログのコメントは管理人の確認後に掲載されるため、投稿後すぐには反映されません。基本的に全て承認しますが、個人情報等や掲載すべきではないと判断したものは、削除させていただきます。 また、管理人だけが見ることができる秘密コメントもできます。その際、返信が欲しい場合はメールアドレスを記入してください。
ランキング参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
プロフィール

kazebouz

Author:kazebouz
猫好きな只のニートです。ブログでは厳しいことを書いていますが、基本的にコンパニオンには優しいです(笑) 保健衛生、法規制についてはほんの少しかじっているため、それがブログにも反映されればと思っております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ダグ

リンク
ランキング参加しています。

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR