FC2ブログ

誹謗中傷記事周知の御礼


掲示板等の誹謗中傷について」の記事は様々な人の協力で周知でき、ありがとうございました。
 
さらにそのツイートは、今現在で約9万人の方に見ていただけました。
心より御礼申し上げます。
 
当該記事が少しでも誹謗中傷の抑止力になれれば光栄です。
 

風坊主



 
 
【コメントについて】
当ブログのコメントは管理人の確認後に掲載されるため、投稿後すぐには反映されません。基本的に全て承認しますが、個人情報等や掲載すべきではないと判断したものは、削除させていただきます。 また、管理人だけが見ることができる秘密コメントもできます。その際、返信が欲しい場合はメールアドレスを記入してください。
ランキング参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

花火大会のオススメ!

・諏訪湖花火大会





先日、お台場の花火大会を観に行きました。
冬の花火も乙なものですが、やはり寒過ぎます。当日はカメラを持って行くのを忘れ、撮影はあきらめました。
以下に個人的なオススメ花火大会を記載します!ちなみ私は人混み、暑さ、歩くことが苦手です。(←良く女性からも、女の子みたいって言われます(笑))
 
①隅田花火大会
これはテレビで観るのが一番綺麗に見れる気がします。周辺のタワーマンションの住民は、その時期に友人等を呼んで楽しめると、先輩から聞いたことがあります。
とにかく人が多過ぎて、花火よりも人を観に行った気になってしまうので、私はテレビ派です。
 
②としまえん花火フェスタ
ここは穴場ですね。特に学生さんたちには値段も手頃でオススメです。確か、浴衣で行けば割引があったはずです。
 
入園料だけで観ることもできたと思いますが、二人で5000~10000円で、座ることができます。
 
花火も隅田等の有名な花火職人さんが作成したもので、この低価格で、座席があり、花火の迫力を感じられることは、とても魅力的だと思っています。
 
③いたばし花火大会
有料席は一人2000~5000円です。とてもお手頃です。また屋台等もたくさんあり、下町の花火大会って感じです。隅田ほどは混まないのが、楽で良いです。しかし、帰りはかなりの行列になります。
 
④神宮外苑花火大会
色々なところから見えますが、私が以前観た場所は六本木ヒルズの展望台の特別フロアからです。
 
建物の中からなので、空調があります。ただし高いですね。展望台に上がるために1人約2000円、さらに特別フロアに入るのに1人約2000円かかります。また飲食は購入しなければなりません。ペットボトル500mlの水が500円しました。また唐揚げ4個入りで1000円くらいだったと思います。
 
あと当日は混雑しているため、チケットをあらかじめ購入していないと、展望台に着いた時には花火大会が終っている可能性もあります。必ず予約してください。
 
見える花火も小さく、音もないため、全く迫力がありませんでした。利点は空調完備なところと、帰宅の混雑があまりなかったことくらいですかね。高級思想がある人向けかな。
 
⑤諏訪湖花火大会
この花火大会は全国でも屈指の人気があります。また、色々な有料席があり、お金を出せばかなり楽しめることができます。
 
今年はここに行きました。1人約3万くらいだったと思います。個人販売はされておらず、旅行代理店等がまとめて座席を購入し、旅行代理店から買うシステムです。
 
値段が張るだけに、とても良かったです。都会の花火とは迫力が全然異なります。都会では、高層ビルがあり、花火の破裂地点をかなり上空にしなければならないそうで、そのため大きさや音圧という迫力がなくなってしまうそうです。
 
最前列のフロアで自分たちの前には湖しかない状態でした。ここまでの近さだと逆に全体像が見えないんです(笑)
上の動画や写真は全くズームしていません。上半分の視野が花火で覆われている状態です。
 
しかし、音圧によって身体が揺れる感覚はとても新鮮でした。値段の価値は十分ありました。
帰りも専用のフェリーで混雑を避け、駐車場付近に移動し、帰宅できました。
来年は長岡の有料席に行きたいです。
 
 
【コメントについて】
当ブログのコメントは管理人の確認後に掲載されるため、投稿後すぐには反映されません。基本的に全て承認しますが、個人情報等や掲載すべきではないと判断したものは、削除させていただきます。
また、管理人だけが見ることができる秘密コメントもできます。その際、返信が欲しい場合はメールアドレスを記入してください。
ランキング参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

あしかがフラワーパーク!

・あしかがフラワーパーク




・東京ミッドタウン


先月、あしかがフラワーパークに行ってきました。先日は六本木のイルミネーションを見に行ったのですが、壮大さではフラワーパークには敵いませんね。
 
以下、フラワーパーク
夜景撮影なので三脚を使いたかったのですが、人が多く、邪魔になるので、持って行きませんでした。手持ちだとどうしても、ノイズがひどいです。
非常に寒かったですけど、スープ系のものが販売されていて、温まりました。光る飴も売っていて、少年たちが買っていました。私も欲しかったです。
代わりにポケモンGO plusの輝きを見せびらかしていました(笑)
 

 
今度は春に花を観に行っても良いかなと思っています。
 
 
【コメントについて】
当ブログのコメントは管理人の確認後に掲載されるため、投稿後すぐには反映されません。基本的に全て承認しますが、個人情報等や掲載すべきではないと判断したものは、削除させていただきます。
また、管理人だけが見ることができる秘密コメントもできます。その際、返信が欲しい場合はメールアドレスを記入してください。
ランキング参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

ピカ・ブイカフェに行きました!






先日、ピカ・ブイカフェに行ってきました!
場所は池袋のPARCO本館7Fです。
 
私は小学校のときにポケモンが流行った世代で、最近のポケモン再ブームを嬉しく思っています。一時期、妖怪ウォッチに押されてしまい心配していました。
 
味はピカチュウがバナナで、イーブイが普通のホットラテです。イーブイは普通なんですけど、ピカチュウはバナナのムースが多くて、あまり若くない私には、キツかったです。
 
それよりも驚いたのが、このようなキャラクターアートが技術もなしにできることです。
おそらくは、ゼラチン上に印刷していると思われ、気になったので少し調べてみました。
 
ツキオカフィルム製薬株式会社
 
ゼラチンやデンプン、寒天等を原料とした可食フィルムというものがあるらしいです。この表面に専用のプリンタを用いて、食用インクで印刷すれば、食べることができる印刷物が簡単に作成できます。
 
これを用いれば、街のパン屋ですらプライベートなマーク、シンボル、キャラクターを自分たちの商品に記載することが可能になります。子供受けはかなり良いんではないでしょうか。
技術の発展に感動した日でした。
 
 
【コメントについて】
当ブログのコメントは管理人の確認後に掲載されるため、投稿後すぐには反映されません。基本的に全て承認しますが、個人情報等や掲載すべきではないと判断したものは、削除させていただきます。
また、管理人だけが見ることができる秘密コメントもできます。その際、返信が欲しい場合はメールアドレスを記入してください。
ランキング参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

風景撮影について


私の一つの趣味に風景を撮影することがあります。旅行や外出した際に、風景及び食べ物を撮影しています。人を撮ることは苦手なので、まず撮影することはありません。
  
これは、人は表情によって違った人にも見え、何十から何百のパターンで何となく把握し、完全には覚えられないため、全く執着がないのだと考えています。そのため、私の誰似は、そのときの雰囲気やパターンの一部と似ていれば、似ていると感じてしまします。
 
逆に、風景はその瞬間を完全に記憶しているため、風景の記憶に対して、凄く思い入れがあるのだと思います。完全に記憶と書きましたが、写真のように記憶している訳ではありません。ただ、違和感を感じます。
 
小さい頃、年が経つにつれ、街並みが変わることがとても嫌でした。それは徐々に自分の記憶と、実物の乖離が起き、その違和感にショックを受けるからです。
 
それが嫌で、当時はまだ珍しかったデジカメを買ってもらい、近所の街並みを撮影し、それと地図をリンクさせるということを、少年ながらやっていました。まさに現在のGoogleストリートビューと同じことです。本当にいい時代になりました(笑)
 
しばらく、撮影という行為から遠ざかっていたのですが、大学生時代にカメラをプレゼントされ、思い出の風景を切り取るという行為を再開しました。
 
それは現在にも続いています。
現在使用している機種は
•Canon EOS Kiss X7
•Canon PowerShot G7 X MarkII
 
の2種です。どちらも貰い物のため、性能というよりも思い入れがあるため、使用しています。夜景や花火は、確実にiPhoneより綺麗に撮影できます。食べ物に関しては、iPhoneアプリが気軽で優秀なので使用しています。
 
また基本的に撮影し、画像編集ソフトで色彩の加工をします。この編集作業も結構好きです。
 
昔はTVのOP、EDの動画編集をして、録画した映像に何枚ものフィルターや色調を合わせ、ノイズ抜き等をし、YouTube等に掲載しているどの動画よりも綺麗にすることを趣味の一つにしていた時期がありました。編集した動画はYouTube等には掲載していません。完全な自己満のマニアな趣味です(笑)
現在は、そこまでの時間的余裕がないので、写真編集しかしていません。
 
今後はこのブログで、撮影してきたものを掲載していきます。
 
 
【コメントについて】
当ブログのコメントは管理人の確認後に掲載されるため、投稿後すぐには反映されません。基本的に全て承認しますが、個人情報等や掲載すべきではないと判断したものは、削除させていただきます。
また、管理人だけが見ることができる秘密コメントもできます。その際、返信が欲しい場合はメールアドレスを記入してください。
ランキング参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

ムンク展に行きました!


出典:東京都美術館


 
公式サイト
 
【前置】
私は芸術には無知で、高校の美術の授業程度しか知識はありません。その授業で油絵や銅版画をやり、ピーターラビットのような絵しか描けませんでした。10段階評価で、9か10で、東京藝術大学出身の先生からも褒められていましたが、美術を選択(書道、茶道、美術)したのは、サボれるからです。
 
友達と喋って、描いてれば終わるので非常に楽でした。しかし、創作活動は非常に好きで、美術というよりも工作の方が向いていると思います。小学校の頃の方がやる気があり、在住の地域で賞を受賞したこともありました。
学生時代は真面目にやりませんでしたが、老後にやりたい趣味のひとつは、油絵です。
 
このような個展は好きで、良く観に行きます。作品を観ていると、作者の人生そのもの垣間見ることができ、横に伝記が記載してあるため、ひとりの一生を短時間で体験できるためです。
 
ひとりの人生を観察し、想像することにより、慧眼を養いたいと考えております。
 
【ムンク展を観て】
自画像が多かったですね。また作品の中にはカメラで撮影し、それを模写するものもあり、時代の割には作成方法も独特に感じました。
 
カメラで自撮りしているものが多数あり、怒られるかも知れませんが、現代の"インスタ"に近しいと思いました。
 
さらに題材は、病、死、愛、嫉妬、狂気というあまり良いイメージをつかないものです。
作品の特徴としては、満月の描き方、水辺や森が多かったですね。また女性の描き方で、
 
白い女性=無垢、純粋
赤い女性=情熱的
黒い女性=熟年
 
というものがありました。同じ絵の中に3人いたことから、最初は良いが面倒になっていく、ムンクの気持ちにおける男女関係を描いたのではと思いました。
 
ムンクはイケメンで、芸術家だったため相当モテたみたいです。そのせいか、ある女性に結婚を迫られ、銃が暴発し、左中指を失います。
 
そのせいか、生への不安を強く感じ、アルコール依存症となり、遂には精神科病院に入院しました。退院後の作風は、素人ながら変わった印象を受けました。
 
また、ムンクの作品は非常に商業的でもあると感じました。有名な芸術家の中には依頼され、作成したは良いが、渡すことを拒否した方がいたような気がします。
その点ムンクは、同じ構図の絵を何枚も描いたり、版画(何枚も刷れる)を作成したりしていたことから、商業的な観点からも芸術活動を成功していたことが分かりました。
 
【総括】
 幼少期に結核で母や姉亡くなり、また父が軍医であったことも、ムンクの死生観に影響を与えたのではないでしょうか。自画像と骸骨の腕が描かれているものがあり、父の医学書を参考にしたのではと想像しました。
 
芸術家として、ある程度成功し、友人の妻と不倫や30歳以上違う少女、娼婦等で遊んでいたみたいです。
 
他の残っていた家族も亡くなり、指を失うピストル事件もありました。最後は死と孤独にさいなまれ、未婚のまま亡くなったようです。
 
正直、ムンク作品ではなく、ムンク自身の人生は全く同情に値せず、自業自得のような気がします。
 
影があるイケメンの芸術家が色々な女性に手を出し、迷惑を掛けて、最後は天涯孤独に死んだというだけです。
作品の中には、友人が幸せな結婚をし、それを嫉妬で描いたようなものがあり、ムンクの性格は相当ひん曲がっていると感じました。作品には悲劇の主人公で、同情を誘うようなものがありましたが、メンヘラ臭を感じざるを得ないです。
 
まあ、時代を超えて何かを伝えられる人はこれくらい、常人離れしている人が多いですね。
 
【コメントについて】
当ブログのコメントは管理人の確認後に掲載されるため、投稿後すぐには反映されません。基本的に全て承認しますが、個人情報等や掲載すべきではないと判断したものは、削除させていただきます。
また、管理人だけが見ることができる秘密コメントもできます。その際、返信が欲しい場合はメールアドレスを記入してください。
ランキング参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
プロフィール

kazebouz

Author:kazebouz
猫好きな只のニートです。ブログでは厳しいことを書いていますが、基本的にコンパニオンには優しいです(笑) 保健衛生、法規制についてはほんの少しかじっているため、それがブログにも反映されればと思っております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ダグ

リンク
ランキング参加しています。

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR