FC2ブログ

善し悪しでは語れない


ツイッターでよく、手ブラや露出度が高い画像や動画の写メ日記について物議を醸すことがあります。
 
個人的には関西はその規制が緩く感じます。それには風土や文化が関係していると思われます。
私は法律のプロや風俗関係者ではありませんが、この記事で紹介した本や申請する届出書を資料として、語りたいと思います。
 
 
・法律
先ずは、法律上のことを話します。性風俗を営業するためには、風営法の届出が必要になります。これはデリヘル、ソープの区別は関係ありません。ただし届出の書類が違います。デリヘルは無店舗型、ソープは店舗型です。
 
 写メ日記に関係するのが、「営業の方法」という届出です。記載事項は無店舗・店舗型で、ほとんど変わりません。その中に「役務提供の態様」という事項があります。
 
つまり、客にどのような行為をするかというものです。ここに記載していない行為をしている場合、取締り対象となる訳です。
 
おそらく記載内容はデリヘルではマッサージ、ソープでは入浴の介助作業及びマッサージだと思われます。
 
要するに衣服は脱ぐ必要性は何処にもありません。よって、それを店名入りの媒体で、写真で残してしまうと、いつでも取締りができるということになります。これは関東、関西の場所は関係ありません。
 
 
・土地柄
関東と関西では全く、風俗文化が異なります。よく、ソープは暴力団が経営していると考えている方もいますが、実際は地域によって異なります。
 
関東では暴力団が経営している店舗は5軒程度で、逆に関西の雄琴は8割以上が暴力団経営らしいです。ソープ街には歴史や風土があり、その土地によって取り締まる側も一律には対応していないことが予想されます。
 
吉原は、売春防止法施行後に赤線地域を解除され、トルコ風呂(現ソープランド)として生き残りました。一方、関西では赤線の営業スタイル、つまりは「座布団売○」を続ける地域が多く、ソープランドは登場しなかった。現在でも、大阪に飛田新地があることは有名だと思います。
 
このように、性風俗に関わる文化が関東、関西では異なることは、それを取り締まる方に影響が全くないとは言えないのです。
 
 
・東京オリンピック
東京でオリンピックが行われるため、関東の性風俗関係者は開催に伴い取締りが強化されるのではないかと予想しています。このことが、写メ日記に対する危機感が関東と関西で異なる理由の一つだと思います。
 
 
・届出と許可の違い
よく、取締るなら明確な定義を決めて欲しいという関係者がいらっしゃいます。
 
性風俗営業(デリヘル、ソープ)は届出で、風俗営業(キャバクラ、クラブ、料理店)は許可になっています。
 
では、許可と届出何が違うかというと、役所の対応が異なります。許可は役所が審査し、営業を行なっても問題無いと判断して、許可を出します。一方、届出では必要事項に漏れがなければ、役所は受理して終わりです。
 
よって、届出は役所は「営業しても良いよ」という判断をしていません。性風俗という事柄を役所は判断したくないのです。
 
よって、あらかじめ明確な基準等はもうけず、問題があれば取り締まれば良いというのが役所のスタンスです。
 
 
【総括】
役所は汚いなと思われた方が多いと思います。しかし、こうなった経緯は海外による圧力をかわすためです。
 
元々、日本では売春は違法ではありませんでした。しかし、戦後に売春防止法を迫られました。そこで、考えられたのが今のシステムです。
 
取り締まる役人、取り締まられる風俗関係者、利用する社会の三者が合意できる、「落とし所」が今のシステムです。
 
当時の人間が上手く考えたものなんです。だから、風俗利用者や風俗関係者はコレを批判するべきではありません。また、写メ日記等で揉めるのはナンセンスです。
 
性風俗を規制したい人からすると、この仲違いこそが一番の好機です。お互いに協力し合って発展していきましょう!!
 
 
 
【コメントについて】
当ブログのコメントは管理人の確認後に掲載されるため、投稿後すぐには反映されません。基本的に全て承認しますが、個人情報等や掲載すべきではないと判断したものは、削除させていただきます。 また、管理人だけが見ることができる秘密コメントもできます。その際、返信が欲しい場合はメールアドレスを記入してください。
ランキング参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

3回目で夫婦!?

長文のため音読音声を用意しました。スマホの場合サイレント状態を解除して、ご利用ください。




初めて店にあがり、女性と肌をともにすることを「初見」といい、おなじ女性との二度目を「返し」、三度目で「馴染み」となる。
 
馴染みになると、その店のなかでは、夫婦になったのとおなじで、他の女性に手を出すことが許されなくなる。仮にその女性が田舎に帰っている間だったとしても、その店の女性を代わりにすることは厳禁であった。
 
この習わしは、吉原の江戸時代から明治四十四年まで、その店だけでなく、吉原全店の女性にこのルールが適用され、破った者がいると、馴染みの店の遊女たちが、全員で押し掛けて来て、その客を拉致する。そして、通りに伏せて置かれた大桶に閉じ込め、桶の一部から男の首を出させ、"浮気男"だと懲らしめたそうだ。
 
この習わしは明治の時代には終わっていたそうだが、考え方は昭和三十年頃まで残っていた。
 
馴染みの女性の他に、店の女性を誘い食事に行ったことですら、不倫にあたり、店主から厳しく叱られたというエピソードがあった。
 
以上、この記事で扱った本のp.86一部編集引用


現代は、そのような考え方もなく、店舗としても、来てくれさえすれば良いという考え方に変わりました。
 
・習わしの名残
一部の店が今でも案内時にボーイさんが土下座をします。 客にだけでも良いのに、コンパニオンにもする理由が気になっていました。客とコンパニオンが部屋に向かう際は、夫婦であるためです。
 
・なぜこのルールができたのか?
このルールは一見、遊女のみに得があり、店側には得が無いように見えます。
 
では、同店で同じ遊女に3回以上入り、それで違う女性に3回以上入るということを繰り返すと、何が起こるでしょうか。
 
3回も一生懸命に尽くしてくれた遊女の顔を潰すことになります。それで同店の遊女に入ると、別の遊女の方が良かったということを知り得てしまうため、遊女間で客の取合いの諍いが発生してしまう恐れがあります。
 
当時の遊女は、簡単に店を変えられない理由もあり、店側としては、このような痴情のもつれは最も避けるべきことで、遊女側にもメリットがあるため、このようなルールができたと推測します。
 
 
・現代では
客には良い時代になりました。私自身何度、桶に入れられて説教されるか分かったものじゃないです(笑)
 
しかし、これに似たルールはあります。
(馴染みルールと命名)
 
1. 馴染みがいる店では、基本的には他の女の子では遊ばない。
2. 遊んだとしても、1回まで。
3. 遊んだ場合は正直に言う。
4. 馴染み、新たなコンパニオンにお互いの情報は源氏名ですら、言わない。
 5. 他店で遊んでいることも正直に話す。しかし、源氏名は言わず、店名まで。
 
個人的には現代でもルールは必要だと思っています。なぜなら、馴染みになると相手の個人情報をある程度把握できてしまうため、その漏洩を避けるルールは必要だと感じています。(←ブログやってるお前が言うな(笑))
 
私自身、馴染みの方には信頼し、ある程度の個人情報を話しています。コンパニオンの信頼を裏切らないためにも、「馴染みルール」を守っています。
 
逆に、2人の間で知り得たことを何でもあからさまに話す人は、他の人にも色々と話している可能性は高く、信頼は置けないと考えています。
 
ある意味、昔の習わしが無くなったせいで、色々な情報が飛び交い、コンパニオン個人が特定されることに繋がっていると思いました。
 
 
【コメントについて】
当ブログのコメントは管理人の確認後に掲載されるため、投稿後すぐには反映されません。基本的に全て承認しますが、個人情報等や掲載すべきではないと判断したものは、削除させていただきます。
また、管理人だけが見ることができる秘密コメントもできます。その際、返信が欲しい場合はメールアドレスを記入してください。
ランキング参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

経営者必見!ソープの帝王 鈴木正雄伝


出典:木谷恭介『公衆トイレと人生は後ろを向いたらやり直し ソープの帝王 鈴木正雄伝』


【書名】
公衆トイレと人生は後ろを向いたらやり直し ソープの帝王 鈴木正雄伝
  
本書は角海老ソープランドの創業者である鈴木正雄氏にスポットライトを当て、戦後からの吉原の遷移、実体験に基づく資料、知人、業界に対する考えが、武勇伝を含みつつ記載してある伝記です。
 
角海老グループは現在、首都圏に31店舗ソープランドを展開しています。90年代のある年は、会社として年額17億円の税金を支払っていたらしいです。当時の法人税が約40%ですので、約42億円近い事業所得があったのではないでしょうか。今はさらに事業が拡大していますから、それ以上にあると予想されます。
 
正直、本書が正しいかどうかは分かりません。というのも、ソープランドというアンダーグラウンドの記録はあまり残っていなく、語る人もいないため、事実かどうかの確認はできないからです。
 
 しかし、だからこそ本書は価値があると思っています。
 

便所掃除のアルバイト、輪タク(自転車タクシー)で事業を始め、一代でここまでの企業を風俗業界でやってのけたことが、正にソープランドの帝王である所以です。


 
また戦後の赤線時代から、高校生の身で人力車を引き、性風俗業界に身を置き、成功し続けた人物は、鈴木氏以外にはおらず、風俗史の生き証人であることは間違いありません。
 
経営者及び管理者だけで無く、コンパニオンにも読んでいただきたい内容です。
これから当ブログでは、定期的に本書を引用し、御紹介していきます。
 
 
【コメントについて】
当ブログのコメントは管理人の確認後に掲載されるため、投稿後すぐには反映されません。基本的に全て承認しますが、個人情報等や掲載すべきではないと判断したものは、削除させていただきます。
また、管理人だけが見ることができる秘密コメントもできます。その際、返信が欲しい場合はメールアドレスを記入してください。
ランキング参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

ソープランドでボーイをしていました。



出典:玉井 次郎『ソープランドでボーイをしていました』




ソープランドでボーイをしていました
ソープランドは何度も利用していますが、ボーイとは仲良くしない主義(自分自身の判断でコンパニオンを選びたいため)でした。しかし、業務内容には非常に興味があり、この本を読みました。
 
私は常日頃からどんな職業でも、自分にはできるか否かということを考えるようにしています。自分がやるとして、どのくらいの給料だったらできるかを考えることにより、自身が利用するサービスと料金の適正について、考えられるからです。
 
サービスとは人を使わせることで、それには対価(お金)が発生します。昨今このことを理解していない人が多いように感じます。
 
タダまたは必要以上のサービスを要求することは強要であり、犯罪であると思っております。よって、そのような利用者は既に客ではなく、犯罪者です。
クレーマーは三波春夫さんの「お客様は神様です」 を取り違えています。
また個人的には神様はそんな文句を言うような器の小さな方ではないと考えています(笑)
客が神を自称するなら、神と思われるような対応を相手にすべきです。
 
また経営者、管理者側も揉め事になるくらいならばと、妥協してしまうことにも問題があります。経営上、その方が得なケースが多いのも分かりますが、理不尽な強要に屈してしまうと従業員たちのモチベーションが下がり、結果的には良くないケースもあると思います。
 
本書には業界用語が多数入っていて、勉強になりました。また、いつも見えない裏側を垣間見ることができ、ボーイには優しくしてあげたいと思うことができました。
能力的にはできますが、体力的には厳しいですね。それに一番はコンパニオンに手を出してしまうので、私には無理です(笑)
利用者だけでなく、オーナーやコンパニオンもビジネスパートナーとして、ボーイの苦労を理解できるため、読むことをオススメします。 
 
【コメントについて】
当ブログのコメントは管理人の確認後に掲載されるため、投稿後すぐには反映されません。基本的に全て承認しますが、個人情報等や掲載すべきではないと判断したものは、削除させていただきます。
また、管理人だけが見ることができる秘密コメントもできます。その際、返信が欲しい場合はメールアドレスを記入してください。
ランキング参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
プロフィール

kazebouz

Author:kazebouz
猫好きな只のニートです。ブログでは厳しいことを書いていますが、基本的にコンパニオンには優しいです(笑) 保健衛生、法規制についてはほんの少しかじっているため、それがブログにも反映されればと思っております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ダグ

リンク
ランキング参加しています。

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR